BTBで楽してダイエット?それともトレーニングしてダイエット?そのメリットデメリットとは

Posted in BTB口コミで美容健康情報を得る on 7月 11th, 2012 by admin

女性なら一度はダイエットを試した事があると思います。
きちんとトレーニングしてダイエットが出来れば健康的ですし、トレーニングが毎日の生活習慣の一部になれば大して苦にもならないでしょう。

しかし、なかなかトレーニングしてダイエットを成功させる事は難しいですよね。
それなりの自己管理能力とやる気が必要になります。
BTBでダイエットするとトレーニングしてダイエットするよりも費用は高く付きますが、やる気がなくてもとりあえずお店へ行けばスタッフさんが施術してくれますので、長続きはしますよね。
しかも、スタッフさんにダイエットに対しての相談も出来ますし、楽しくダイエット出来ます。
エステに通うのも、自分でトレーニングするのも、それぞれにメリット、デメリットがあります。

急いでダイエットする必要があるのでしたら、BTBの方が効果が出るのは早いかも知れません。
トレーニングしても思ったような効果が見えなければBTBを試してみるのもありですね。

BTB口コミ(クチコミ)- BTBのことが気になるなら

BTB口コミ(クチコミ)はこちら
BTBのことが気になるなら、BTB口コミサイトを利用してみてはいかがでしょうか。BTB口コミ(クチコミ)ならバイオエステBTBの効果やエステサロンの特徴など、口コミサイトならではの情報があると思います。

メンタルトレーニングにおける資格制度

Posted in メンタルトレーニングで健康維持 on 12月 13th, 2011 by admin

アメリカなどでは、博士号を持ったスポーツ心理学の専門家がメンタルトレーニングの指導をすることが基本となっています。
これは、それだけメンタルトレーニングには、正しい知識と質の高い内容の指導が必要となるためです。

日本でも1994年に国際メンタルトレーニング学会の意向を受けて「メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会」が発足し、現場でもメンタル強化の重要性が認識されてニーズが高まっていきましたが、ニーズが高まることで「自称」専門家やビジネス目的の指導者が増えて混乱を招くようになりました。

そこで、2000年には、日本スポーツ心理学会が資格認定制度をスタートさせることとなります。
この資格は、スポーツ心理学専攻の大学院修士課程修了を基準としており、それと同時に研修や現場活動などの単位を必要とし、資格認定委員会の審査を経ての資格認定となります。

2006年には、スポーツメンタルトレーニング指導士会という資格保持者の組織ができ、資格保持者のレベル向上とこれから資格を目指そうという人々へ向けた研修会を全国各地で開催するようになりました。

メンタルトレーニングの『リコレクト』はこちらです。

日本におけるメンタルトレーニングの普及

Posted in メンタルトレーニングで健康維持 on 12月 13th, 2011 by admin

日本でのメンタルトレーニングの普及は、世界から見るとだいぶ遅れをとった形になります。
東京オリンピック(1964年)の前には、心理学を応用したメンタル面の強化に対する試みがされましたが、日本のスポーツ界に普及されることはありませんでした。

時期を同じくして「根性」の研究が行われ、さらにオリンピックにおける成果などを背景として、日本のスポーツ界は「根性」第一主義の時代となっていきます。
1984年のロサンゼルスオリンピックにおけるアメリカの成果を目の当たりにし、その翌年からようやく日本でもメンタルトレーニングの研究や応用がスタートします。
この年に日本オリンピック委員会(当時日本体育協会)の「スポーツ選手のメンタルマネジメント研究」プロジェクトが始まり、日本における普及が始まりましたが、日本スポーツ界ではオリンピックチームを始めとしてスポーツ界全般からメンタルトレーニングに対しての理解がなかなか得られない状況が続きます。

その後の数々のオリンピックにおいて、世界のオリンピックチームがメンタルトレーニングを盛んに活用している状況を受けて、ようやく日本でもその重要性が認識されるようになっていきました。

メンタルトレーニングの歴史

Posted in メンタルトレーニングで健康維持 on 12月 13th, 2011 by admin

メンタルトレーニングの歴史は、オリンピックと深く関わっています。

1950年代、旧ソビエトにおいてスポーツ選手へのメンタル面強化が始まり、その後、旧東ドイツや東欧諸国に普及。
1976年のモントリオールオリンピックを境に、西洋諸国へ広がっていきました。
1981年にカナダのオタワで開催された国際スポーツ心理学会ではメンタルトレーニングが話題の中心となり、各国での研究や応用が盛んになっていきます。

1984年のロサンゼルスオリンピックでは、12種目に対して導入され、大きな効果をあげたことが報告されています。
1985年にはデンマークのコペンハーゲンで国際スポーツ心理学会が開催され、ここからさらに普及の波が大きくなります。
1989年に国際メンタルトレーニング学会が発足し、本格的な普及に拍車がかかります。
1992年には、応用スポーツ心理学会(AAASP)が資格認定制度をスタートさせ、専門家育成の基本が出来ました。
1996年になるとAAASPは国際化され、国際応用スポーツ心理学会として世界各国から参加者が集まり、世界的規模でのメンタルトレーニングの情報交換が行われるようになりました。

メンタルトレーニングはアスリートの常識

Posted in メンタルトレーニングで健康維持 on 12月 13th, 2011 by admin

メンタルトレーニングはトップを目指すアスリートにとってはもはや常識となっています。
誰もがフィジカルトレーニング以上にメンタルトレーニングを意識し、強化しているといいます。
また、そのトレーニング方法も日々進化しており、さまざまなバリエーションに広がっているようです。
さらに、脳波を測定しながらのイメージトレーニングや眼と脳の関係を強化するビジョントレーニングなども注目されているようです。
一昔前は、毎日練習を欠かさずに行い、筋力や体力をつけて、あとは気合を入れて試合に臨むというのが当たり前でしたが、今や身体だけではなく「脳」を鍛えて、瞬時の判断力や閃きを高める時代だというわけです。
昔は「技術」と「体力」で勝負していたアスリートも、今や技術と体力を向上させるとともに、試合などの勝負をつける大舞台で100%の力を発揮するためにメンタルトレーニングを取り入れて、「心・技・体」で勝負に臨むのが当たり前なのです。
メンタル面を鍛えることで、自分の気持ちをうまく調整するセルフコントロール能力が高まり、不安やプレッシャーなどに負けずに自身の持つ最高能力をいつでも出すことが出来るようになるのです。

メンタルトレーニングとは?

Posted in メンタルトレーニングで健康維持 on 12月 13th, 2011 by admin

メンタルトレーニングとは、スポーツ選手などが試合で100%の力を出せるように、技術や体力の強化だけでなく、心理面(精神力)も積極的にトレーニングし、いつでもいい精神状態を保てるようにすることをいいます。

スポーツでいい結果を求めるには、メンタル面も強化するということが今や常識となっています。
ファインプレーをすることで次のスーパープレーにつながる反面、ひとつのちょっとした失敗がそのあとのプレーを見るも無惨なプレーの連続につなげてしまうこともあります。
それだけ、選手の精神状態がそのままプレーに大きく影響を与えてしまうということは、誰もが体験したり、実際に目にしたりして知っているのではないでしょうか

どんなに実力があり、練習ではうまくいく選手でも、メンタル面が弱ければ、本番ではプレッシャーに押し潰されて実力を発揮できなくなってしまうのです。
プレッシャーの下で十分な実力を発揮できるようになるためには、日々のメンタルトレーニングが非常に重要となってくるわけです。